「美容室のオープンに必要となる、高額な資金を削減したい!」
「コストを削減するには居抜き物件が良いと聞くけれど、選んで大丈夫なの?」

と思うことはありませんか?

美容室をオープンする際には1,000万~2,000万円もの資金が必要と言われています。高額な資金を少しでも抑えようと、居抜き物件を視野に入れている方もいるのではないでしょうか。

居抜き物件を選択することで得られるメリットもありますが、デメリットや注意点なども忘れてはなりません。

そこで当記事では、美容室のオープンにあたり居抜き物件を選ぶメリット・デメリットと注意点を解説します。具体的な居抜き物件の探し方についても紹介しているので、店舗数の拡大や独立をお考えの方は、ご一読ください。

そもそも美容室の居抜き物件とは?

居抜き物件とは 、前テナントの美容室が使っていた設備や内装を、そのまま引き継げる物件のこと。

通常、テナント内に何もない状態から店舗設計をする場合は、必要な設備を用意したり内装工事をしたりしなくてはなりません。しかし、居抜き物件はすでに設備や内装が揃っている状態で引き継げるため、金銭的なコストを抑えた出店が可能です。

では、美容室を居抜き物件で選ぶと、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

美容室を居抜き物件で選ぶメリット

美容室の店舗を居抜き物件で選ぶメリットは2つあります。

  • 開業コストを抑えられる
  • 短期間でオープンできる
  • それぞれ見ていきましょう。

    開業コストを抑えられる

    美容室を新たに開業するときのコストは、店舗の規模によって異なりますが、1,000万~2,000万円も必要になります。その中で大きなウエイトを占めるのが設備面です。

    たとえば、美容室に必要な設備を例に見ると、

  • シャンプー台
  • スタイリングチェア
  • パーマ用の機器
  • カラー用の加湿器
  • などが挙げられます。

    またシャンプーのときに、十分な水圧をキープできる水道設備やスピーディーに適温のお湯が出る給湯設備も必要です。

    これらをすべて準備しようとすると大きなコストが発生しますが、 居抜き物件で設備ごと引き継げる場合は、 新たに購入したり、リースをしたりする費用は最低限に抑えられます。

    短期間でオープンできる

    居抜き物件は、壁紙や照明などの内装も前テナントのものを使うため、オープン前の工事期間も最低限で済むメリットがあります。手を加えるところがほとんどなければ、工事費用を抑えることも可能です。

    「勤めている美容室を退職したあと、すぐにでも独立して店舗を持ちたい」といった計画を立てている方には大きなメリットになります。

    ただし、設備や内装の引き継げる範囲は、物件によって異なります。店舗の内見時などに確認しておくと安心です。

    コストを抑えて、短期間でのオープンを目指せるところが居抜き物件のメリットですが、うっかりしていると思わぬ追加費用が発生する場合も。続いて、美容室を居抜き物件で選ぶ際のデメリットを見てみましょう。

    美容室を居抜き物件で選ぶデメリット

    ここでは2つのデメリットを挙げてみました。

  • 思い通りのレイアウトや内装にできない
  • 撤去や追加工事でコストがかかる可能性がある
  • 1つずつ解説していきます。

    思い通りのレイアウトや内装にできない

    前述の通り、居抜き物件は前テナントの設備や内装をそのまま引き継げる物件です。これがメリットである一方、自分の理想通りのレイアウトや内装にはできません。

    物件の立地は良くても、前テナントオーナーのこだわりが色濃く反映されていたり、自分の好みとは違ったりすることも。許容できれば居抜き物件でも問題ありませんが、自分の理想を反映した店舗がほしい場合は、まっさらな状態のスケルトン物件を検討したほうが良いかもしれません。

    撤去や追加工事でコストがかかる可能性がある

    居抜き物件にするなら、前テナントの設備をそのまま使うのがベスト。しかし、場合によっては以下のようなことも起こり得ます。

  • 古い設備を最新式のものに入れ替えたい
  • 設備の配置が悪く、レイアウトを変更したい
  • シャンプー台を増やしたい
  • このときには、もともとあった設備の撤去費や追加工事費がかかります。居抜き物件の選択をしても、思わぬ追加費用が発生して開業時のコストを圧迫する可能性も。

    特に気を付けておきたいのが、レイアウト変更やシャンプー台の追加です。

    レイアウトを変更したことによって電気コンセントや水道の位置が変わり、追加工事が必要になる場合も。全体のレイアウトはそのままに、シャンプー台のみを追加するといったこともできますが、既存の水道設備で複数の席を同時使用するとシャワーの水圧が下がってしまう恐れもあります。

    物件によっては追加工事ができない場合もありますので、契約前に設備の状況と追加工事が可能であるかを確認しておくと安心です。

    このように居抜き物件の選択には、メリットのほか、デメリットになる部分もあることを覚えておきましょう。前テナントの内装や設備を許容できるかといったところがポイントとなり、既存のものから手を加えたい場合は追加費用が発生します。

    とはいえ、撤去費用や追加工事が必要になったとしても、スケルトンの状態から店舗を設計するよりコストはかかりません。追加費用の発生も見越して、開業時の資金計画を立ててみてはいかがでしょうか。

    ここまで読んで「居抜き物件のメリットとデメリットはわかったけれど、どうやって探したら良いかわからない」といった場合も。続いて、美容室の居抜き物件を効率良く探す方法を解説します。

    美容室を居抜き物件で効率良く探す方法

    美容室の居抜き物件を探す方法は3つあります。

  • インターネットで検索する
  • 不動産仲介業者を訪ねる
  • 居抜き物件の仲介サイトを活用する
  • それぞれの詳細を見てみましょう。

    インターネットで検索する

    思い立ったタイミングですぐに探せる方法です。手元にスマホやインターネットに繋がったパソコンがあれば、手軽に物件探しを開始できます。

    たとえば「(出店したいエリア) 美容室 居抜き物件」のように、Googleなどで検索してみると該当の物件が表示されます。

    ただし、インターネット上に公開されている情報は、誰もが確認できるものです。そのため、同じエリアに出店を希望する美容室オーナーが情報を見ていれば、先を越されてしまう可能性も。

    気になる物件が出ていた場合は、早めの問い合わせがおすすめです。

    不動産仲介業者を訪ねる

    デジタル機器を使わず、不動産仲介業者を訪ねて居抜き物件を探す方法もあります。インターネットには出ていない物件があったり、そのエリアの最新状況も入手できたりすることも。

    アナログな方法ではありますが、実践してみる価値はあります。ただし不動産仲介業者を選ぶ際は、住宅用ではなく事業用物件に強みのあるところへ相談するようにしましょう。

    居抜き物件の仲介サイトを活用する

    美容室で働きながら独立の準備をしていたり、新規店舗オープンの計画をしていたりする場合は、通常の業務が忙しく、なかなか居抜き物件探しまで手が回らないこともあります。

    忙しい中でも効率良く物件探しを進めていきたい方には、居抜き物件の仲介サイトの活用がおすすめ。

    いくつかサイトはありますが、その中でも「退去ナビ」がおすすめです。希望する居抜き物件の情報を登録しておくと、条件に合う物件が出てきたときにお知らせします。自分でインターネット上の物件を探し続けたり、不動産業者へ訪問したりする手間と時間も不要です。

    さらに退去ナビで紹介できるのは、まだどこの不動産業者にも掲載されていない、解約通知前の居抜き物件。いちはやく居抜き物件の情報を入手できるのは、退去ナビならではのサービスです。

    退去ナビへの登録料はかかりません。効率の良い物件探しをスタートさせたい方は、以下から希望する居抜き物件の条件を登録してみてください。

    退去ナビ 公式サイト

    条件に合う居抜き物件が見つかったとしても、すぐに契約するのは禁物です。続いて契約前に知っておきたい注意点についてもお伝えするので、居抜き物件選びで後悔をしたくない方は読み進めてみてください。

    契約前に知っておきたい居抜き物件の注意点

    美容室の居抜き物件を契約する前に知っておきたい注意点は以下の3つです。

  • 前テナントが退去した理由を確認しておく
  • 異業種の居抜き物件を選ぶのは避けておく
  • 設備に修理が必要だった場合の費用負担は誰なのか確認しておく
  • 1つずつ見ていきましょう。

    前テナントが退去した理由を確認しておく

    希望条件に合う居抜き物件が見つかったとしても、必ず確認しておきたいのが「前テナントの退去理由」。前オーナーの高齢化や、新店舗で規模を拡大するための退去であれば問題ないことが多いです。

    しかし、場合によっては以下のようなケースもあります。

  • 集客しにくい環境だった
  • 評判や口コミがあまり良くなかった
  • 何かしらのトラブルを起こしていた
  • このようにマイナスの原因で退去している場合、居抜き物件で新店舗をオープンさせても、前テナントのイメージを引きずってしまう可能性も。看板を変えても悪いイメージを払拭できず、今後の営業に支障が出る恐れがあります。

    このような事態を避けるには、契約前に前テナントの退去理由をしっかりと確認しておきましょう。

    異業種の居抜き物件を選ぶのは避けておく

    店舗の立地が良いからという理由で、もともと飲食店やオフィスだった場所にすることもできます。しかし、美容室の場合はシャンプー台やスタイリングチェアなど専用の設備が多いため、異業種の居抜き物件の選択は避けておいたほうが安心です。

    というのも、異業種の居抜き物件にすると、既存の設備で不要となるものを撤去したのち、新たに美容室仕様に工事し直さなくてはなりません。さらに、必要な設備を新たに用意する費用も発生します。

    撤去や改装にかかる費用を考えると、スケルトン状態から店舗を設計する場合と大差ないくらいになることもあるので、美容室なら美容室の居抜き物件から探すのが賢明です。

    設備に修理が必要だった場合の費用負担は誰なのか確認しておく

    前テナントのときに長く使用された設備は、どこかが故障している可能性があります。退去してから期間が空いている場合にも、しばらく稼働がなかったことで故障しているケースも。

    契約後に不具合が発覚するのを避けるには、物件内見時に故障がないか確認は必須です。もし万が一、故障が見つかったときは、誰が修理費用を負担するのか、しっかり確認しておきましょう。

    物件のオーナーや管理会社が修理費用を負担しないケースもありますので、思わぬ出費を増やさないために確認しておいてください。

    まとめ:居抜き物件を活用して美容室をオープンさせよう

    美容室を居抜き物件でオープンするメリット・デメリット、注意点などを解説しました。居抜き物件を選択すると大きなコストダウンが見込めるようになり、短期間でのオープンも実現可能です。

    しかし、すでにある設備や内装を使うため、自分の理想通りにはいかないケースもあります。場合によっては不要な設備の撤去や水道・電気の追加工事、修理費がかかることも。

    居抜き物件の良いところだけではなく、デメリットもあることを知った上で選択していきましょう。

    これから居抜き物件探しを始める方の中には「初めてのことで不安……」「本当に希望する物件が見つかるだろうか」と思う方もいるのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、居抜き物件のマッチングプラットフォーム「退去ナビ」です。

    居抜き物件の希望条件を登録すると、マッチングした物件があった場合にご紹介します。登録は無料ですので、居抜き物件探しに費用はかかりません。

    また不安があるときは、居抜き物件の仲介に精通したプロが内見や契約などをサポートします。何かお困りのことがありましたら、気軽にお問い合わせくださいませ。

    「居抜き物件探しを始めたい」「効率良く条件に合う物件だけを知りたい」といった方は、以下からご登録ください。

    退去ナビ 公式サイト